Q. シミの種類には、どんなものがありますか?その原因は何ですか?

A. シミの種類は、大きく分けると
・日焼けによるもの
・女性ホルモンによるもの
の2つに分類されます。

日焼けによるシミの原因は紫外線です。最初は薄い茶色だったものが、徐々に濃くなって境目がくっきり分かるようになり、丸い形をしているのが特徴です。日差しの当たりやすい頬やこめかみに出てきます。
お肌は紫外線を浴びると、肌をダメージから守るたに色素細胞メラノサイトを活性化させて、メラニン色素を生み出します。メラノサイトは、真皮の最下層「基底層」にある細胞です。
メラニン色素の生成が過剰になって、お肌の生まれ変わりのリズム「ターンオーバー」により肌の外に排出しきれなくなると、肌の表面に残留してシミになってしまうのです。

女性ホルモンによるシミは、女性ホルモンのバランスが乱れることが原因で出現してきます。肝斑(かんぱん)と呼ばれ、妊娠中や更年期の女性に多く見られます。頬骨や鼻の下に、左右対称で浮かび上がってきます。日焼けによる紫外線由来のシミとは違って、輪郭は薄くてモヤモヤしています。

このほかのシミの種類には、過剰なスキンケアによる摩擦刺激や、遺伝性のソバカス、湿疹跡・ニキビ跡などがあります。









シミに関するよくある質問




しわに関するよくある質問




たるみに関するよくある質問




ニキビに関するよくある質問




トータルフェイシャルに関するよくある質問